2008年10月20日 (月)

『機動警察パトレイバー2 THE MOVIE』 押井守

Patlabor2  レイバーと呼ばれる搭乗可能な作業ロボットが実用化された架空の日本を舞台に、レイバー犯罪を取り締まるために設立された警視庁警備部特車二課の活躍を描いたアニメーションの劇場版第二作目です。今回は「モニターの中の戦争」が題材にされています。(1993年公開)

■ストーリー
 1999年、PKO活動の一環として東南アジアの紛争地帯に陸上自衛隊のレイバー部隊が派遣される。しかしそれは国際世論の圧力によって法整備が不十分ななか強行されたものだった。現地に派遣された部隊はゲリラの攻撃を受けるも交戦許可が下りず壊滅してしまう。部隊の隊長、柘植行人は生き残るも帰国後に行方をくらます。
 2003年、横浜ベイブリッジが爆破される。当初、大掛かりなテロとの見方が強かったが、SSNが衝撃的な動画を報道することによって事態は急変する。その動画には炎上するベイブリッジの上空に航空自衛隊の支援戦闘機F-16Jの影が映っていた。世間では自衛隊関与論が湧き上がる。防衛庁が関与を否定するなか、警視庁警備部特車二課の南雲忍警部と後藤喜一警部補のもとに一人の男が訪れる。陸上幕僚監部調査部別室の荒川茂樹と名乗る男は南雲達に一本の動画を見せる。その動画には報道されている動画のように炎上するベイブリッジ上空に戦闘機が写っていたが、それは米空軍の最新型のF-16だった。荒川は報道されている動画が改竄されたものであることをほのめかし、事件の裏側を語る。冷戦終結後、アジア各国が軍拡を進めるなかで一向に軍拡を進めない日本の危機意識を煽るために米軍、防衛庁、国防族議員などの一部勢力が一種のデモンストレーションを計画する。その計画では首都圏に国籍不明機が侵入しベイブリッジにミサイルをロックオンしていくというもので、日本の防空体制を見直すきっかけとなった1976年のミグ25事件を再現するかのものだった。しかし、あるグループがこの計画に便乗してミサイルを本当に発射させてしまう。荒川はそのグループの首班である人物の確保に協力を要請する。その人物は4年前にPKO活動中に壊滅した陸自レイバー部隊の隊長であり、過去に南雲と不倫関係があった柘植だった。硬直する南雲を横目に協力を渋る後藤だったが、そこに荒川に連絡がはいる。それは航空自衛隊三沢基地のF-16J三機が爆装して飛び立ち、首都圏を目指していることを告げた。

■モニターの中の戦争

単に戦争ではないというだけの消極的で空疎な平和は
いずれ実態としての戦争によって埋め合わされる
そう思ったことはないか?
その成果だけはしっかり受けとっていながら
モニターの向こうに戦争を押し込め
ここが戦線の単なる後方にすぎないことを忘れる
いや、忘れたふりをしつづける
そんな欺瞞をつづけていれば
いずれ大きな罰がくだされると

 前作と比べて大分作品の雰囲気が異なっています。一作目ではミステリーやアクションの要素が強かったですが、二作目はシミュレーションの要素が強く、娯楽性は減っていると思います。しかしそのシミュレーションの要素、東京が東南アジアの紛争地帯のような状況になっていく過程はよく考えられていて、観ていて緊張感を感じました。また、メッセージ性も二作目のほうが強いと思います。この映画が公開されたころは、湾岸戦争でアメリカを中心とした参戦国に「資金援助のみで人はださないのか」といった批判を受けてPKO協力法が可決されたころで、自衛隊の海外派遣の是非がテレビや新聞でよく討論されていました。こうかくと自衛隊海外派遣の是非とかを題材にした映画かと思うかもしれませんが、そういったものではないです。当時の多くの人達がテレビや新聞で報道されていた湾岸戦争や海外派遣の問題を自分とは関係ないと思っていたこと、戦争なんてよく知らないし平和が一番だ、戦争はどこか遠くの国で行われていることだと思っていたこと、そのことに問題提起するような内容です。映画の中で、事態が深刻化し、東京の治安維持のために自衛隊が出動してもまるで無関心な人達。街中を戦車が走り、街頭には自衛官が立ち、空には自衛隊機が飛び交うような状況のなか、何事もなかったように満員電車で出勤し、オフィスで仕事に打ち込む人々の描写は、実際に同じようなことが起こったとしてもそうなりそうだと思いました。多分、私もそうするんだろうな。
 公安でカミソリ後藤と呼ばれるも、切れすぎるゆえに本庁から埋立地の特車二課に飛ばされた後藤、キャリア警察官であり警視庁きっての才媛と呼ばれながら柘植との不祥事で特車二課に飛ばされた南雲、この二人が今回の主人公です。前作で主人公だった泉巡査と篠原巡査をはじめとした特車二課の隊員は脇役の扱いです。主要人物の年齢層が高いので、全体的に渋く落ち着いた雰囲気で、それがいいぐあいにストーリーに合わさってます。
 アニメーション映画ですが、邦画でここまでスケールが大きくて緊張感を感じた映画はいまのところ他に観たことがありません。大掛かりなセットを必要としないアニメーションだからこそできたんでしょうね。押井監督の作品で一番好きな映画です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

«『ハクバノ王子サマ』 朔ユキ蔵